ボディクリーム・オイルの役割

ボディクリームやオイルの役割ってなんでしょうか?
顔同様、体の乾燥にもクリームやオイルが乾燥肌の保湿をしてくれるので
重要な乾燥肌改善のステップになります。

乾燥肌の改善のために、スキンケアの最後の仕上げとして必要なものがクリームや
オイルだと言えるでしょう。

クリームやオイルの役割は、ボディローションを塗った後に、その保湿成分を
逃がさないようにフタをすることです。

乾燥肌用の改善のケアをしていても、クリームやオイルで最後にフタをしないままだと
せっかくの保湿成分や水分は逃げてしまうのです。

またクリームやオイルに配合されている成分が乾燥肌の改善に有効ということもあります。

体用の化粧水やボディローションで水分補給をしてから、クリームやオイルを塗るのが
一番理想的なのですが、面倒、時間がないという方には、クリームやオイルだけでも
よいでしょう。
その場合、体の場合には乳液のようにサラサラとして感触の
クリームがあるので、体の広い部分にはサラサラクリームで保湿をして、
特に乾燥が酷い関節やかかとなどの部分的な場所にはこっくりした重いタイプのクリームを
使うとよいでしょう。
乾燥がひどい場合にはオイルを使いましょう。

ボディクリームやオイルの役割は、肌の乾燥を防ぐこと、と言えます。

3カラム構造